月別アーカイブ: 2017年9月

シャモニの休日(3)

今日は、エギーユ・ディ・ミディ針峰に登る日です。前日より早く、7時半にガイドとホテルのロビーで待ち合わせてロープウェイ駅に向かいました。朝早くなので、流石にまだ誰もいません。天気の状況を見て、ガイドの顔が曇りました。頂上駅では気温-15度、雪で、画面に映し出された現地映像は霧か雪で真っ白です。これでは冬と同じだなーとガイドもぼやく。
3つのオプションの提案をされました。1つ目はガイアンで岩登りをすること、2つ目はよく分かりませんでしたが、他所に行って、ケーブルに掴まりながら、観光のような事をすること、3つ目は兎に角頂上駅まで上がって、天気の回復を待ちながら様子を見ること、です。明日は晴れの予想だというのに、今日はまた大外れもいいところです。折角シャモニまで来ながら、針峰に触りもせずに帰るのもがっかりなので、兎に角頂上駅まで上がる提案を選択しました。
ロープウェイは定時には出発出来ず、次第に中国人観光客の長蛇の列が出来始めました。ジジは2番手のロープウェイに乗ると言って、列の後方に並び直しました。
9時過ぎになってようやくロープウェイは運転を開始しました。登って行くと途中駅、プラン・ド・レギーユ駅の下からもう地面は雪景色で真っ白です。霧の中に入って行くと周りは真っ白で何も見えません。景色どころではない内に頂上駅に着きました。観光客と別れてトンネルの中で装備を付けました。僕らの他に数グループのガイドと客とおぼしきグループがいました。ヘルメットにダブルアックスなどのグループもいたので、岩でも登るのかねー、と聞いたらジジは即座に no, impossibleとの返事でした。
雪の中兎も角ガイドについて行きました。トンネルを出て、いきなり雪稜の降りです。コンティニュアスで確保してくれるものの、覚束ない足取りで降って行きました。眼鏡に雪が付き、息でレンズが曇るので、雪面がよく見えません。眼鏡を外して歩き出したら、ジジがサングラスは無いのか、といいます。曇った眼鏡にサングラスを取り付けても益々見えにくくなります。無いというと、オー ノーといいますが、まさかゴーグルに目出帽など想定外です。裸眼のまま進みました。後で帰って来たとき、思いの他のナイフエッジでよく見えていたら、却ってビビったかもしれないと思いました。
暫く降って、ミディ南壁の下部に降り立ちました。なだらかになった氷河を進みますが、周りは白一色、何も見えません。
晴れたら見晴らしの良いポイント・ラシュナルに案内するといっていましたが、この天気では無理です。取り敢えず、コスミック小屋まで行こうということになりました。コスミック山稜などもっての外の状況になってしまいました。
小屋には先発したフランス人(?)のグループもいました。コーヒー、オムレツをいただいたら人心地がついてきました。
食べながらジジの話を聞きました。この地でのハイライトのクライムは? グラン・カピュサンのフリーと、あのワルテル・ボナッティが苦労して人工登攀した壁をフリーとは。今までで一番のクライムは? グリーンランドで3ビバークの末初登攀したこと、他に3本の初登攀など興味深い話でした。フランス人かと思っていたらクールマイユール近くに住むイタリア人でした。でも車でほんの20分程だとか。その他いろいろな話も聞かせてくれました。
ただ今日の登山はこの天気では歩くだけがせいぜいです。落ち着いたら戻ることにしました。
戻るうちに次第に天気が回復してきました。
ジジがあれが、グラン・カピュサンだ、ツールロンドだなどと教えてくれました。ポアン・エルブロンネルへのテレキャビンも見えてきました。霧の間に間にミディの南壁も、頂上も見えてきました。岩は触れなかったけれど、かなり満足した一日でした。
シャモニの町に降り、ジジにお礼のチップを渡し別れを告げました。これからどうするのかと聞いたら、今週はまたガイドをして、10月になったらシシリーかマルタに行くといっていました。(後で神田さんの話ではフランスに別荘があり、マルタは英語の勉強だとか)。冬にはスキーガイドをするというのでオートルートもやるのか、と聞いたら、ウン日本人の客も多いよ、とのことでした。今年のような天気は滅多にないとのことでした。またお出でよ、と言っていましたが、金と暇があればねというと、それは誰でもそうだと。本当に機会があれば、また来たいと思いました。 そしてジジにガイドしてもらいたいと思いました。
翌日はもう帰国の日です。神田さんがホテルまで来てくれて駅まで送ってくれました。
待ち時間の間、色々と話を聞かせてくれました。1970年頃からシャモニに住み、いろんな日本人の面倒を見てきたとか。
加藤保男、植村直己、森田勝、長谷川恒男、山田昇などなど・・・
僕が面倒を見た人は皆んな死んじゃったなーと一瞬遠くを見るような眼差しでした。
日本人はとかく無理をするからなー、突っ込んじゃうんだよ、と。自分も71年頃冬のグランド・ジョラスの新ルートを開拓した人の言葉は重いものがありました。今もガイドをしているのですか、と聞いたらもう数年前に辞めましたよ、とのことでした。山はいろんな楽しみ方があるんですよ、年齢に合わせて楽しめばいい。それにしても今年の天気は例年になく変だったなー、普通9月はもっと天気も良くて、岩は乾いているんだけどなー、残念だったねー、またいらっしゃい、と。神田さんはもう日本には帰らないんですか、と聞いたら、もうこっちにシャレーもあるし、生活の基盤があるしねー、それに日本に帰ってももう僕の居場所はないよ、と和かに答えてました。まさに人間至る処青山あり、です。
帰る日になって、漸くお山は晴天です。あれだけガスったミディの頂上も今日はくっきりみえます。モンブランも青空に白く輝いています。1日違いで悔しいなー、と思いましたが、新雪が岩にがっちりで今日も大変だよ、との神田さんの言でした。モンブランをバックに写真を撮ってくれました。
本当に機会があればまた再訪したいと思いつつシャモニを後にし、電車でスイスの景色を見ながらジュネーブへと向かいました。

頂上はー15度 雪

悪天候の中進む

コスミック小屋までで、山稜はあきらめる

次第に視界がきくようになる

ツールロンドとグランキャピュサン

ミディ南壁、昔登った時も上部は雪だった

晴れてきた

翌日は晴天

駅からのモンブラン遠望

スイスの山岳電車でジュネーブへ

モンブラン山群 地図

ヨーロッパの岩場 より 小森康行

シャモニの休日(2)

翌日は、メールドグラスの氷河歩きの訓練です。モンタンベール行きの電車駅から、急勾配の線路を上って、終点のモンタンベールからメールドグラス氷河に下降します。岩壁に取り付けられた、長い鉄の梯子をいくつも乗り換えながら降って行きました。
メールドグラス氷河は最初は岩や小石混じりですが、登るに連れて氷と雪になってきました。かなり多くの登山者が氷雪の訓練を兼ねて出向いていました。氷河の途中で急な斜面をなしているところが幾つもあり、初心者(?)の訓練に使われていました。上の方からしっかり確保しながらの、アイゼンワークやダブルアックスの訓練をしていました。
フランスの軍隊の登山訓練チームもいました。この地域に特化した部隊訓練のようでしたが、流石に若者だけあって、パワーがありました。
我々はそこを通り抜けて、メールドグラスを奥の方へ進んで行きました。
行く手の左側にはドリュの尖った岩壁が圧倒的です。ずっと奥の方にはレショ氷河の先にグランド・ジョラスの壁が圧倒しています。ガイドのジジに聞いたら、15年以上も前にドリュの岩壁もグランド・ジョラスのウォーカー稜も登ったそうです。伝説のクライマー、ワルテル・ボナッティが登った岩壁を間近に見られたのは感無量でした。
暫く進んで、まだ行くかとガイドがいうので、疲れたからもう帰ると言って引き返しました。行きは良い天気だったのに雨模様になってきました。そのせいもあってか、最後の梯子登りでは完全に足が止まってしまいました。
明日が本番というのに、これでは一寸きついかな、と自分でも思いましたし、ガイドも初日のグッドから大分評価を下げてしまったかなと思いました。
でも色々見物できてよかったかな。夜は連日の無理がたたり、運動不足を露呈してハムストリングがつりそうでした。

エギーユデュドリュ

 

ガイドのジジ

ベルト針峰?

グランドジョラス

メールドグラス氷河

左遠方にダン・デュ・ジュアンを望む

シャモニの休日(1)

ジュネーブからのバスは発車が、40-50分遅れてヤキモキしましたが、7時過ぎに無事シャモニに到着しました。昔は峠越えなどあったような気がしましたが、それ程の急な登りもなく、シャモニの町中に入って行きました。1時間一寸で着くなんてこんなに近かったっけ、記憶は茫洋としています。シャモニの谷間に入るとレズーシュ、ボソンなど懐かしい名前も出てきました。バスはChamonix Sud 南側のミディのロープウェイの駅の近くに着きました。ホテルモンブランは川向こうなので、数百メートルは歩きますが、街並みを見ながら歩きました。
翌朝はホテルのロビーでガイドさんと打ち合わせです。事前に日本人経営のシャモニのツアー会社に頼んであり、そこを通しての紹介なので安心でした。神田さんという人がガイドを連れて現れました。事前情報のメールのやり取りでは、昔岩登りをしたといっても、長いブランクがあるから、ハイキング程度にしたらどうですか、との事でした。納得しつつも折角長い道のりをやって来たのだからガイドに連れて行って貰えば、易しいミックスルートなど登れるかもとの下心があり、どうですか、などと無理をいい何とか受けてもらいました。但し、岩や氷河の足慣らし(客の値踏み?)をしますし、悪天候で行けなくても実力が無くて行けなくてもガイド拘束料は発生しますよ、と念を押されました。
ガイドはジジさんといって50過ぎの人の良さそうな感じの人でした。
早速ガイヤンの岩場に連れて行ってくれました。もう40年も前のことでしょうか。そういえばガイド祭りなどがあって華やかだったなーなど朧げな記憶が蘇ってきました。数十年振りに着けるハーネスはお腹の下できつきつです。
でも流石ガイド、手取り足取り丁寧に指導してくれました。(勿論きっちりした指導をしないで客に事故でも起こされたら大変でしょうから、当たり前の事かもしれませんが。)
ジジさんは登山靴で、小生にはクライミングシューズを貸してくれました。まずは易しいルートから。取り付いて見たら、昔の感触を思い出し快調です。
次第に難度を上げていって、最後は数ピッチ登り、懸垂下降で降りました。グッドとおだてられてまずは初日は終わりました。
午後はシエスタかと言われましたが、折角なのでブレバンのロープウェイで上まで上がり、途中まで歩いて降りてきました。昔ブレバンの近くのski Stationという安いホステルに泊まったなーと思いながら探してみたら、ロープウェイ駅のすぐ近くにいまだあって、懐かしさが蘇ってきました。
その後は町を散策して、シャモニ墓地まで行きました。古くからのガイドも眠る墓地です。
お目当てはエドワード・ウインパー、年老いた彼はシャモニーの町に戻ってきてそこのホテルで息をひきとったといいます。モンタンベール駅の近くで、観光客が一杯なのに、墓地には誰も居ません。でも入り口近くにあり、綺麗な花壇もありました。
初日はまずまずの滑り出しでしたが、さて翌日は?

ホテルモンブラン

バルコニーからはモンブランが見える

町の中心で観光協会に隣接していて好立地

モンブランを指すパルマとソシュール

サン・ミシェル教会とブレバン

ガイヤンの岩場

シャモニ・モンブランの谷

シャモニ墓地

ウインパーのお墓

ジュネーブからシャモニへ

ブログを終了するといって、舌の根も乾かないうちに記事を書いているなんて我ながら節操が無いと思います。
でも今回で本当にしばらくお休みです。

EADV(ヨーロッパ皮膚科学会)で、ジュネーブに立ち寄って、その後シャモニに来ています。
金曜日のプレナリーセッションは京都大学の椛島先生の講演でした。メイン会場でヨーロッパの皮膚科医を前に堂々の講演でした。マラソン、トレランを趣味にする先生の講演では初めにその方面のスライドが出ることが多いのですが、今回も2週間前にUTMB(ウルトラトレイル・デュ・モンブラン)で100マイルを完走したスライドから始まりました。これが、今回のトークのハイライトです、とのジョークには会場からやんやの拍手喝采が湧きました。iSALTを初め、3Dイメージングを駆使した皮膚免疫の講演は聴衆に感銘を与えたと思います。でも一般の臨床医はついて来れたかなー。しかし講演の後も質問者が引きも切らなかったのはそれ程インパクトがあったからでしょう。
EADVの出席も回を重ねて会場を動き回るのには大分慣れて来ました。世界の一流の学者が講演をしてくれて、インスパイアされることは大なのですが、私の場合は「豚に真珠」の例えそのものです。何かすごいなー、と思いながら知識と語学力の不足で、実はよく理解できていません。小生の参加は趣味の領域かもしれません。
しかし、椛島先生も帝京の渡辺先生も常々言われるように志ある若い日本の皮膚科医はもっと世界に出ていってプレゼンスした方がいいと思います。ガラパゴスのままで満足しているとアジアでも中国、シンガポールなど世界に置いていかれるかもしれません。いっぱい若い優秀な人達がいるのに、と思います。(It’s none of your business ! と言われそうですが。)
金曜日の夜は、友人とフォーシーズンズの最上階にある、Izumiというレストランでディナーと美味しいワインをいただきました。いつも一人でB級グルメかカップラーメンを食べる小生にとっては贅沢なひと時でした。
土曜日の午後は会場を離れて、ジュネーブの旧市街を散策しました。ヨーロッパの大きな街は大抵古い伝統を誇っていて、ジュネーブもその例にもれない街でした。時間がないので、ルソーの館はスルーして美術・歴史博物館に行きました。これもまた贅沢なひと時でした(学会もちゃんと行けよ、と言われそうですが)。
その後はバスでシャモニに移動しました。
長くなるのでシャモニの記事は次回に。

追記

今回、学会に出て印象に残ったこと、日本の医師の医学界への貢献ついて。

小児皮膚科学のセッションも内容が濃くて興味を惹かれるので、時々覗くのですが、今回は内容は兎も角、聴いていて日本人も結構貢献しているのだなーと思いました。(特に母斑症を初めとしたgenetics、小児の緊急性のある疾患などは、いつも圧巻です。)
講演の中で、普通に川崎病、永山班など出て来ます。感染症では大村先生のイベルメクチンも出て来ます。regulatory T cell などはもう当たり前のように出て来ます。薬疹とウイルスのセッションでは、DiHSという略語を初めて聞きました。ヨーロッパではどうも薬疹のセッションではDRESSと言う語が中心でついぞDIHSという語は聞いたことがありません。いつか浦安の医会で新潟の阿部先生にどうして外国ではDIHSを使わないのかと質問したことがあります。我ながら無茶な質問をしたと思いましたが、一寸困ったような顔ながら丁寧に回答して下さいました。発音の響きがDRESSの方が良いこと、国によっては日本のようにウイルスの抗体価が簡単に測れず、広く行き渡らないことなどといったことだったと思います。
(小生はフランス人のプライドのようなものもあるのか、と下衆の勘繰りをしてしまいましたが)。でも今回はDIHSではなく、DiHSでしたが日本人グループのウイルスの再活性化、免疫再構築についてちゃんと紹介していました。

ことほど左様に日本人は世界に貢献してきましたが、この先もこれまでのような日本人の活躍が続くのか、先の先生方の心配の話もあり 誇らしさの一方で一寸気がかりでした。

ジュネーブ遠景

ジュネーブ学会場 Palexpo(26th EADV Congress)

ジュネーブコアントラン国際空港に近接していて便利

ジュネーブ中央駅(コルナヴァン駅)

電車で空港までほんの10分足らず