月別アーカイブ: 2018年8月

風雪のビバーク

風雪のビバーク  松涛 明

久しぶりの山の本の記事です。といっても実は以前同名で当ブログに記事を書いているのですが、ある時ブログがダウンしてしまってこの部分も復元できずに反故になってしまいました。皮膚科の内容は昔のこととてそれ程気にも止めませんが、むしろ山の本のことはずっと気にかかっていました。その中の一つがこの本でしょうか。それで図書館から借りてもう一度読んでみました。
著者の松涛 明(まつなみあきら)の紹介文として次のように書いてあります。
「1922年仙台に生まれ、府立第一中学校から東京農大に学ぶ。中学時代から登山に熱中し、1938年7月東京登歩渓流会に入会。つねに尖鋭なクライマーとして活躍した。1949年1月、槍ヶ岳、北鎌尾根において打ちつづく風雪のため遭難死す。行年28歳」

本書は、松涛明亡き後、北鎌尾根遭難の顛末を風雪のビバークとして、杉本光作らの登歩渓流会がまとめたものと、生前の彼の寄稿文、記録集よりなる遺稿集という体裁をとっています。それゆえに全体の松涛明の本としてのまとまりには欠けますが、短かった彼の山の人生の足跡、考えを知ることができます。なにより遭難し、最期の時まで克明に記された手記には読む人に感動と感涙の念を起こさせ、不朽の山岳名著として有名です。
彼らが遭難した北鎌尾根は山岳愛好家にとっては特別なところのように思われます。それは、当の松涛 明の壮絶な遭難の手記とともに、これまた山岳家のレジェンドともいえる加藤文太郎が遭難死したところでもあるからです。北鎌尾根は日本アルプスの中でもひと際目立ち、秀麗な槍ヶ岳から北に連なる岩尾根です。風雪のビバークは遭難報告、手記部分ですが、生前の松涛明の山行、文章には早熟な非凡な才能を感じます。もしも彼がそのまま生きていたら日本の登山界をリードするような山岳人に成長したのではないかと思わずにはおられません。
本書の山行記録の中で特筆すべきはわずか18歳での北穂高岳滝谷第1尾根の冬季初登攀、遭難前年の北岳バットレス中央稜初登攀の記録でしょうか。戦前の(昭和14年)それ程良い装備もなく、滝谷もそれ程開拓されていなかった時代に、日本でも一級の岩場の冬季滝谷を初登攀しています。しかも本格的な岩登りは前年に始めたばかりです。東京登歩渓流会に入会1年わずかですでに尖鋭的な登山をはじめています。滝谷の登攀は夜間にまで及び、皓々と月の照る北穂の頂上に抜け出したのが夜の22時15分だというから驚きです。後年「貧弱な私の経験を通じて、この登攀は最も苦しくもあり、かつ想い出深いものであった。もう一度やれと言われても恐らくやれないかと思う。」と述懐しています。
北岳バットレスは戦前から何回も通った岩場ですが、昭和23年はその集大成ともいえる1週間にもわたる大樺沢生活を送り北岳バットレス概説をしています。第1尾根から第5尾根までほぼ全ての尾根を登りつくし、23年合宿では直接北岳頂上に突き上げるクラッシックで北岳で最もハイライトともいえる中央稜の初登攀を成功させています。
これ以外にも昭和15年の「春の遠山入り」では、伊那ー易老岳ー聖岳ー赤石岳ー悪沢岳ー椹島ー伝付峠と3月の雪深い長大な南アルプスを1週間にわたって単独で横断した記録で目を見張るものです。
その他、短期間に丹沢、谷川、穂高、南アルプス、八ツなどを精力的に登っています。

単に登るだけではなく、登山に対する真摯な考えを持ち、会報に鋭い考察も寄稿したりしています。特に3年程の兵役を終えて、戦後になると登歩渓流会の中心人物になっていったようです。会の重鎮の杉本光作氏は「約3年間の軍隊生活は、彼を人間的に大きく成長させていたようだった。一言でいうならば、人格に一段と磨きがかかった感じだった。復員してからは物資不足と安定しない世情にもかかわらず、再び山への闘志をかきたてて戦前にも劣らない山行を続けていたのだった。戦後は会の古い人達も殆ど山から遠ざかっていたので、松涛君が事実上の会の指導者だった。山行の傍ら会報の編集、発行、発送まで一人でやっていた熱心さにも頭の下るほどだった。山に対して卓越した識見を持ち、会をぐんぐん引っ張って行ったのもこの頃である。」と述べています。さらに自ら学生でありながら極地法をとる日本山岳会や学校山岳部の在り方に疑問を持ち、登山は大衆のものだとの考えから山岳連盟の必要性を主張し、将来のヒマラヤ登山に対しても一家言をもっていたそうです。
寄稿文も単なる報告ではなく、一方で簡潔で正確を期しながら、一方で情景の描写は活き活きとして伝ってきます。タラ、レバながら遭難しなければ戦後の登山界のリーダーとなっていたのでは、と思わせます。

次に私の好きな一節を引用します。
戦後山どころではなく、山を忘れようと自分にいいきかせようとして暮らしていた頃の文です。
『ある日、私は隣村に通ずる橋を渡って、伯父の家へ急いでいた。今まで貸していた土地の問題について伯父の知恵を借りるために。もう夕暮れ近くなって、涼しい風が田の面を渡っていた。稲の青い穂が波打って、秋が近づいていた。田園の果に、筑波、加波の山波が夕陽を浴びて黄ばんでいた。その上に、山の高さの数倍の高さに、巨大な積乱雲が盛り上がっていた。紅みがかった円い頭は、なおも高く湧き返っているようだった。その姿は突然、私にかつての日の夏の穂高を思い起こさせた。それは烈しい、自分自身でどうにも抑えられぬほどの山への思慕であった。静かな夏の夕暮れ、人気の絶えた奥穂高の頂に腰を下ろしている時、ジャンダルムの上に高く高く聳えていた雲は、この雲ではなかったか。そして今もまた、この雲があの穂高の上でひっそりと黙って湧き上っているのではないだろうか。
「山へ行きたい」、「穂高へ行きたい」。もう用件も何もあったものではない。すぐ家へ帰って、ルックを詰めて・・・。よほどのこと、私はそうしようかと思った。』・・・時として自分にもこのような感情が湧き上がることがありました。

戦後の山への活動を再開させて、さらに高みへと邁進していた時に突然、終止符が打たれます。それがこの本の題名にもなった槍ヶ岳北鎌尾根での風雪のビバークです。実はこの計画には先があって、穂高を経て焼岳までの縦走を計画ししかもノンサポートで、荷揚げも行わず、約1ヶ月分の食料装備一切を2人で担いで行動しようという壮大なものだったそうです。
遭難には想定外のことが積み重なって起こることが多いですが、この山行も普段とは様相が異なっていました。まず、12月年末には異常なほどの気温の高さです。23日の手記。「雪の消えた事オドロクばかり、P2の側稜はまるで五月の山で、地肌さえでている。P1との間の沢へ入って中間の側稜を登ったが、非常に苦しかった。」
その後の雨風です。大雨でずぶ濡れになり、テントも濡れ、有元との合流は数日遅れ、濡れたテントはバリバリに凍り、残置し、ツエルト、雪洞泊に予定変更しています。ラジウスは焚きっぱなしで後日の器具の不調にも繋がったかもしれません。しかも26日には「熱っぽく、耳下腺腫れる。雨もひどいので休養とす。朝食抜きで11時頃までねる。午後有元にヤッホー送るも応答なし。」とあり、27日には「豪雨沈澱、テント破れんばかりにはためく。」 28日には有元と合流し一旦下山、その後一転して気温は降下、30日は湯俣からP4手前でビバーク、31日は「アラレ、ミゾレの中のツェルトビバーク、雪はげしくツェルトを覆い、首の根を抑えつけられた。これまでに最も苦しいビバーク。身体は濡れ殆ど眠れず、燃料消費烈し。」と。
明けて1月1日は大風雪、アイゼンも輪かんも効かず、烈しい風雪中に苦闘しやっと北鎌コルに雪洞を掘り逃げ込むもラジウスが不調となりました。 1月2日「ラジウス破壊、然罐とガソリンの直焚きで水を作る。7時頃息苦しくて気付いてみると入口閉塞、有元掘る。動揺激しく、風雪は昨日にもましてひどいし、濡物もそのままなので1日沈澱。上るか、下るかの岐路に立つ。」とあります。実はここが生死の分かれ目だったかもしれません。そのままならば撤退していたかもしれませんが、皮肉にも「夜星空となる。ラジウスも応急修理で何とか燃え出したので明日は登高とする。」と書いてあります。つかの間の偽りの天候回復だったようです。
1月3、4日も風雪、有元は足を凍傷にやられ、それでも悪戦苦闘の末悪場独標越えをしています。夜中には小さい雪洞の入口は風で飛ばされ、全身雪で濡れる、と遭難寸前の状態です。(後の記録でも雨、ミゾレ、吹雪と続く気象は異常で1月4-8日に亘る大吹雪は記録的なものだったそうです。)
1月5日 フーセツ SNOWWHOLEヲ出タトタン全身バリバリニコオル、手モアイゼンバンドモ凍ッテアイゼンツケラレズ、ステップカットデヤリマデ ユカントセシモ(有)千丈側ニスリップ上リナホス力ナキ タメ共ニ千丈ヘ下ル、カラミデモラッセルムネマデ、15時SHヲホル
1月6日 フーセツ 全身硬ッテ力ナシ 何トカ湯俣迄ト思ウモ有元ヲ捨テルニシノビズ、死ヲ決ス オカアサン アナタノヤサシサニタダカンシャ、一アシ先ニオトウサンノ所ヘ行キマス。何ノコーヨウも出来ズ死ヌツミヲオユルシ下サイ・・・
有元ト死ヲ決シタノガ 6時 今 14時 仲々死ネナイ 漸ク腰迄硬直ガキタ、全シンフルヘ、有元モHERZ、ソロソロクルシ、ヒグレトトモニ凡テオワラン ユタカ、ヤスシ、タカヲヨ スマヌ、ユルセ、ツヨクコーヨウタノム サイゴマデタタカフモイノチ 友ノ辺ニ スツルモイノチ 共ニユク(松ナミ)・・・
我々ガ死ンデ 死ガイハ水ニトケ、ヤガテ海ニ入リ、魚ヲ肥ヤシ、又人ノ身体ヲ作ル、個人ハカリノ姿 グルグルマワル 松ナミ、・・・
数次にわたる捜索隊は7月末に千丈沢の四ノ沢出合い付近で2人の遺骸を発見しました。カメラ、手記は散逸しないようにライファン紙の袋に入れて、岩陰の流出の恐れのなさそうな場所に置いてあったそうです。
この山行の計画、天候予想、行動の判断など後にはいろいろと論評があるようですが、遭難最期にこのようにかくも冷静に手記を認めたことには驚きを禁じえません。何か死を達観して従容として死地に向かう侍のようです。これは戦争を経験した当時の人々の人生観もあるのかもしれません。同時代に活躍した岳人であり、文筆家の安川茂雄は書評に次のように書いています。「私たち(私も三島同様に大正14年だが・・・)の同時代には、たしかに死はごく身近な存在であったことはたしかである。・・・例えば、本書中にのこされた松涛の遺書、それは三島のそれとは明らかに異るのではあるが、そこにつらぬかれている死への距離、あるいは親しさといったものに無限の感動を覚えるのだ。・・・三島が葉隠れ論語中の「武士道とは死ぬこととおぼえたり」という言葉にいたく感銘していたそうだが、松涛のこの遺書中には「アルピニストとは死ぬこととおぼえたり」の印象を私など胸にうけるのだ。」
安川のこの文が松涛の考えそのものを代弁したものかどうかは分かりませんが、あの時代に青春を過ごし戦場で明日をも知れない毎日を送り、現に戦場で散っていった仲間を幾人もみたであろう人はどこか自分の死すらも達観して見られた、あるいは死に遅れた余分な命という気持ちがあったのでしょうか。
この本は最近もまた別の発行元より、再版されています。確かそこには手書きの遺書のコピーが載せられていました。それを思い起こす度に深い感動を抱かずにはおれません。遭難、また彼の全てを美化するつもりはありませんが、そのような時にはまた本書を紐解いて彼の足跡に触れてみたくなります。

薬剤性光線過敏症・光接触皮膚炎

平成29年度日皮会研修講習会の内容です。
講師は浜松医科大学皮膚科の戸倉先生でした。
薬剤性光線過敏症・光接触皮膚炎  浜松医科大学  戸倉新樹

以前、当ブログでも「薬による光線過敏症」という題で2013年7月7日に同様の記事をアップしていますのでそちらも参照してみて下さい。

光線過敏症には種々のものがあり、色素性乾皮症などの遺伝性疾患、ポルフィリン症などもありますが極めて稀です。日常診療で出会うのは、日光蕁麻疹(これも少ないですが)、多形日光疹などもありますが、実はこれから述べる薬剤性光線過敏症、光接触皮膚炎が最も多い光線過敏性疾患です。

戸倉新樹先生は長年光免疫学の研究をリードしてきたその方面の専門家ですが、あまりに基礎的な部分は割愛して当日の講演の内容の骨子を紹介します。
【光毒性・光アレルギー】
外因性の光過敏症には光毒性と光アレルギー性の2つがありますが、光毒性とは光感受性物質が光を吸収して、光化学反応をおこし、それが人体に毒性を生じたものといえます。活性酸素(ROS:reactive oxygen species)がその本態を担っているとされます(光増感酸化反応で、singlet oxygenの関与する反応をtypeII,関与しないものをtypeIと呼ぶ)。これは誰にでも生じうるもので、光曝露すぐに生じえます。光アレルギーは光感受性物質が光を吸収した後に、免疫反応を起こし、アレルギー性を獲得したものです。従って曝露初回では反応は生じず、感作時間のタイムラグを経て発症します。
主にT細胞誘導性であるとされます。免疫反応ですので感作された特定の人にしか生じません。臨床的には、光毒性がサンバーン型なのに対し、光アレルギー性では湿疹型と呈するとされています。
しかしながら、実臨床でこの両者は必ずしもクリアカットに区別できないようです。光アレルギー物質は多かれ少なかれ光毒性を持つようです。
光毒性物質の代表的なものには、PUVA療法で用いられるソラレン(8-MOP)があります。乾癬、尋常性白斑などの治療に用いられますが、これを内服、または外用して紫外線(UVA)を浴びると誰にでも日焼け反応を生じます。しかしまず光アレルギー(アレルギー性光かぶれ)は起こしません。ただ、ソラレンは多くの光感受性物質がたんぱく質と結合して光化学反応を起こすのに対し、DNAに結合しクロスリンクを生じるのが特殊です。ソラレンは一般的ではありませんが、それに似た物質、フロクマリン(5-MOP)はレモンなどの柑橘類に含まれています。それで、へたにレモンパックなどを行ったりして日に当たると同様の光毒反応をおこし、シミを作ったりするので注意が必要です。ベルガモット油の入ったオーデコロンも光毒性を起こします。ペンダント型のシミを作るのでベルロック皮膚炎という名前で呼ばれています。これはソラレン誘導体のbergapten(5-MOP)による光毒性反応です。また麝香鹿の生殖腺の分泌物は天然の動物性香料としてコロンなどに使われることがありますが(musk ambretteあるいは合成香料のニトロムスク)光かぶれを起こすことがあります。
光化学反応と臨床的な紅斑などとの症状の関連、原因はなお解明されていないようです。ただ炎症メディエーターとしてのプロスタグランジンE2の働きなどの関与が明らかになりつつあります。
【光アレルギーの機序】
光アレルギーが起こるためには光感受性物質と蛋白質が紫外線照射によって共有結合することが必要です。これにはまず化学物質に光(主にUVA)が当たり、プロハプテンという光感受性物質に変化して後、蛋白質と結合するという説と、共有結合した後にUVAが当たり光感受性物質に変化するという説があります。ほとんどの光アレルギー性物質は光ハプテンであるとされます。
いずれにしても蛋白質と結合して抗原性を獲得した物質はランゲルハンス細胞(樹状細胞)上のMHC/自己ペプチドに抗原提示されてT細胞を刺激し、接触アレルギーを起こします。
外因性光感受性物質によって生じる光線過敏症の作用波長はUVA(長波長紫外線)ですが、稀にはUVB(中波長紫外線)で生じます。光毒性では吸収波長と同じで、光アレルギー性ではより長波長側にずれる傾向があるとされます。
【光接触皮膚炎】
いわゆる光かぶれのことです。
一般の接触皮膚炎で免疫反応を介さない一次刺激性の接触皮膚炎が光毒性接触皮膚炎に当たり、アレルギー性接触皮膚炎が光アレルギー性接触皮膚炎に対応します。
様々な物質が光かぶれを起こしますが、実臨床的に大きく分けると化粧品含有物質(サンスクリーン剤、香料、ヘアスプレーなど)、薬剤、機能性食品(栄養剤)に分類されます。
🔷サンスクリーン剤
Parsol, オクトクリレン、ベンゾフェノン、PABA(Para-amino-benzoic acid)、ベンゾフェノン類はプラスチック、化粧品、ゴム製品や塗料などの酸化防止剤としても含まれることがあります。
🔷香料(歴史的)
ムスクアンブレット、ベルロック皮膚炎(5-MOP:bergapten)
🔷染毛剤
PPD(Paraphenylendiamine)
🔷殺菌剤(歴史的)
サリチル酸アニリド(TCSA) クロルヘキシジン、ジクロロフェン、・・・TCSA, TBS, bithionolなどを含む石鹸、シャンプー、化粧品などによる光接触皮膚炎が多発したため1970年代にはこれらは原則使用禁止となりました。ただ、persistant light reactionとして慢性光線過敏症の原因となっている可能性もあり得ます。
🔷薬剤
*非ステロイド消炎薬(NSAIDs)・・・ケトプロフェン(貼付)、スプロフェン(貼付)、ピロキシカム
NSAIDsは優れた消炎鎮痛効果があるために内服、注射、坐薬、湿布薬として同様成分が広く内科、整形外科領域で流用されています。これらは主に光アレルギー性を持ち、交叉過敏性のあるものもあります。ピロシキカム(バキソ、フェルデン)はチメロサールと交叉過敏があり、近年多く使われているケトプロフェン(モーラス、セクター、エパテックなど)はスプロフェン、サンスクリーンに含まれるベンゾフェノンとも交叉過敏があります。またこれらの湿布薬の使用中止後も数か月にわたって光過敏性があるといわれ、またサンスクリーン剤との交差過敏性があります。内服薬のチアプロフェン酸(スルガム)、フェノフィブラート(トライコア、リピディル 高脂血症治療剤)と交叉過敏を起こします。またときに重症化してpersistent light reactorとなったり接触皮膚炎症候群を生じます。
🔷機能性食品(栄養剤)
植物でもセリ科、ミカン科、クワ科、マメ科、バラ科、キク科などが光接触皮膚炎を起こします。主な原因成分は8-MOP, 5-MOPです。掬は花屋さん、葬儀会社の人によくみられますが、sesquiterpene lactonによるものといわれています。
またあまり知られていませんが、アリナミンなどのビタミン剤でも光線過敏をおこします。
【光貼付試験】
光アレルギーの検査としては、光貼付試験を行います。通常のパッチテストと同様に貼付しますが、2系列貼付します。貼付後24時間または48時間後に片方系列にのみ、紫外線照射を行います。通常UVAを0.5~3J/cm2照射します。1,2日後判定します。光照射部位のみが赤く陽性反応して、非照射部位に反応がなければ光貼付試験陽性と判定します。
【薬剤性光線過敏症】
臨床的に、露光部に皮疹があることで比較的に診断は容易ですが、近年高齢者など多くの薬剤を内服しているケースがほとんどなので原因薬剤の究明は困難なことが多いです。
露光部のみの皮疹であれば比較的に診断は容易ですが、作用波長がほぼUVAなので薄い衣服を通しても皮疹がみられることがあります。これらのとき日光の当たらない下顎部、腋窩、臀部などには皮疹のないこと、時計部、靴で覆われた部位に皮疹を欠くことなども診断の手助けになります。
サンバーン(日焼け)様であれば、光毒性、湿疹型であれば光アレルギー性を疑いますが、先に述べたように明確ではありません。また扁平苔癬型、多形滲出性紅斑型、LE型、日光白斑黒皮症型などの特殊な臨床型をとることもあります。
薬剤性光線過敏症の原因薬剤は当然ながら時代と共に移り変わってきています。以前はヒドロクロロチアジド(サイアザイド系降圧利尿薬)による光線過敏症が多かったものが近年その使用減少によって少なくなってきました。ところがそれが最近また非常に増加してきました。その理由はヒドロクロロチアジドを少量にしてアンギオテンシンⅡ受容体拮抗剤を組み合わせた合剤が高血圧治療ガイドラインで推奨されて、使用量が増加しているからです。(プレミネント、エカード、コディオ、ミコンビ)
プレミネントが2006年に発売されてから次々に同様薬も発売されてきました。
ただ、薬剤性光線過敏症で報告例がもっとも多いのはニューキノロン系の抗生剤です。
1.スパルフロキサシン 2.フレロキサシン 3.エノキサシン 4.ロメロフロキッシン
またニューキノロン剤では交叉過敏性がありますので注意を要します。
多くの抗菌剤、消炎鎮痛剤、降圧剤、利尿薬、糖尿病治療薬、抗精神神経用薬、高脂血症治療薬、抗腫瘍薬などで薬剤性光線過敏症の報告があります。
時代とともに新薬が発売され、新たなタイプの光線過敏症も報告されています。
モガリズマブ(ポテリジオ)は2012年に発売されたCCR4陽性の成人T細胞白血病治療薬として新発売された分子標的治療薬ですが光線過敏症を発症例が報告されています。
原因薬の同定は1剤ならば、薬剤を内服したあとの紫外線の照射、内服照射試験を行います。また時には披験物質をワセリンで薄め(1~5%)光貼付試験を行います。UVAがほとんどなのでUVA 0.5~2 J/cm2程度照射します。しかしながら先にも述べましたように多剤を内服しているケースがほとんどなので同定は困難を伴います。過去の薬疹情報から頻度の高いものを推定し、投薬医師に依頼し中止、変更をお願いする方法が実臨床では一般的です。いきなり全ての薬剤を中止しがたいので1~3剤位ずつを検討していきます。そうしながら症状が軽快していくか、あるいは内服照射試験での軽減をチェックしていきます。ただし疑わしくても変え難い薬剤もありますので治療はなかなか困難です。遮光、サンスクリーン剤、ステロイド外用剤などで治療を行います。

参考文献

松尾聿朗 薬剤による光線過敏症. 監修 佐藤吉昭 編集 市橋正光 堀尾 武 光線過敏症 東京:金原出版 2002.pp111-121