皮膚の日講演会のお知らせ

皮膚の日講演会のお知らせ 日本臨床皮膚科医会は平成元年から11月12日(イイヒフ)を「皮膚の日」と定めて、日本皮膚科学会と共催して全国各地で皮膚病相談や講演会を行っています。 千葉県でも、千葉県医師会医学会第13回学術大会の分科会として皮膚の日の講演会を開催することになっています。 今年は、順天堂大学浦安病院皮膚科の須賀 康 教授に講演していただくことになりました。須賀先生は、角化症、特に遺伝性角化症を専門にされていますが、その他にアトピー性皮膚炎、白斑、水疱症、にきびなどに造詣が深い先生です。また美容皮膚科の専門家でもあり、レーザーなどにも造詣の深い先生です。  今年の千葉県医師会医学会のメインテーマが~これから迎える超高齢化社会~ということで、若者から高齢者までを含んだ美肌スキンケアをテーマにお話しして戴くという、欲張った企画になりました。  11月4日(日)午後1時からJR千葉駅前の京葉銀行文化プラザで講演があります。 また、講演の後に常盤薬品工業(株)ノブ事業部による 「お肌にやさしいスキンケア」のデモンストレーションも企画されました。実際にモデルさんによるデモで、ビデオ撮影によって皆様に見えるようになるようです。 参加費は無料で、どなたでも参加できるのですが、10月24日の朝日新聞広告も決まったようですし、先着順で80~90名程度しか入場できません。遅れて来場されると、入場できないかもしれません。 しかし、いらした方には損はさせない企画と思いますのでどうぞお越し下さい。 小生も世話役のひとりとして、当日はお手伝いする予定です。 【注意】 会場は、駐車場の準備はありません。 クロークはありませんので、手荷物は各自管理をお願いします。 【千葉県医師会医学会公開講座】 11月3日(土)は超高齢化社会をメインテーマとした公開講座があります。 男女の更年期、在宅医療に興味のある方はお出かけ下さい。
下の写真をクリックして戴くと、大きくしてみる事が出来ます。
皮膚の日講演会.JPG県医師会医学会.JPG須賀先生講演要旨.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)