とびひ
  とびひ

(1)伝染性膿痂疹(とびひ)
化膿球菌による皮膚付属器に無関係な皮膚表在性の感染症で、俗に「とびひ」といい、水疱性膿痂疹と痂皮性膿痂疹に分けられます。
1)水疱性膿痂疹
黄色ブドウ球菌の感染により、乳幼児、小児に初夏から真夏に多く発症します。虫刺されや汗疹(あせも)を掻破したり、アトピー性皮膚炎を掻破したりして感染し発症することも多くみられます。鼻、口、四肢などの露光部に好発しますが、体幹部にもできます。表皮剥奪毒素(exfoliative toxin‥‥ET)を産生し角層下に水疱を生じ、次第に膿胞化します。周囲には紅みがみられます。外力で容易に破れ、びらんとなります。そして水疱を形成しながら遠心性に拡大します。乾燥すると痂皮、鱗屑(かさぶた、皮むけ)を形成します。 (写真1,2)
2)痂皮性膿痂疹
A群β溶血性レンサ球菌(化膿レンサ球菌)により発症します。季節にはあまり関係なくアトピー性皮膚炎に合併し易く、小児より成人に多くみられます。大水疱になることは無く紅斑、膿胞、厚い黄褐色の痂皮を形成し、潮紅・浮腫を伴って疼痛があります。重症になると猩紅熱のように全身に潮紅、発熱を伴うこともあります。菌の産生する腎毒素によって稀に腎障害を併発することがあります。
3)手足部水疱性膿皮症
黄色ブドウ球菌によるものと化膿レンサ球菌によるものがあります。手掌、足底は角層が厚いために明瞭な水疱、膿疱となります。
【治療】まず、石鹸を泡立てて優しく洗い、シャワー等で洗い流すことが重要です。患児が痛がらなければ一日2回程度が勧められています。その後、軽症ではフシジンレオ軟膏、アクロマイシン軟膏、アクアチム軟膏などを塗り、更にびらん部分、湿った部分は亜鉛華軟膏などをガーゼに塗り延ばして患部を覆います。ゲンタマイシンは黄色ブ菌に対してはほぼ抵抗性であり感作の可能性もありますので使用しないほうがよいでしょう。ただ、最近フシジンレオ軟膏に対する耐性菌の増加も指摘されています。
広範囲ではセフェム系の抗生剤内服、レンサ球菌性膿痂疹ではペニシリン系抗生剤の内服が第一選択になりますが、最低10日間は治療を続けます。MRSA(methicillin−resistant staphylococcus aureus)ではβラクタム系薬とホスホマイシンの併用、あるいはミノサイクリン、ニューキノロンが有効な場合が多くみられます。但し、ミノサイクリンはエナメル質形成不全や骨発育不全を起こす危険性があるため8歳未満には使用できませんし、ニューキノロンは関節障害の可能性のために15歳以下では原則として使用できません。
患児、保護者の方に注意していただきたいこと:
泡立てた石鹸でそっと丁寧に洗い、シャワーで洗い流します。兄弟がいる場合は患児は後にします。洗い流した後は、溶出液が周囲に接触しないように、ガーゼ等の保護が必要です。爪は短く切っておくこと、鼻の中は細菌の温床ですので鼻孔をいじらないようにします。消毒薬の使用は皮膚への細胞障害もありほとんど意味がありません。また近年創傷治癒にmoist wound healingの概念が浸透し、「とびひ、感染擦過創」にポリウレタンフイルム、傷パッドなどの被覆材が使用されるケースを散見しますが、感染部を湿ったままで覆ったままにしておくことは細菌を増やし悪化させますのでこの療法は不適切です。そういう意味ではシャワー浴が十分できないような場合はむしろ創部を覆わないで抗生剤を塗ったまま乾燥させたほうが良いという考えの皮膚科医もいます。 病変部をガーゼ・包帯等で覆っていれば登校、登園可能ですが、広範囲の場合や全身症状があるときは出席停止となります。患部が乾燥してくれば出席可能となりますが、主治医に診てもらい許可を得て下さい。